働き方改革法で時間外労働の上限規制がありますが、本社から離れた店舗の場合、物理的な距離の問題で労働時間を把握できないとお思いではないでしょうか。

そんな時は、クラウド勤怠管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。

クラウド勤怠管理システムを活用することで、インターネット上の集計ボタンを押すだけで、離れた場所の勤怠状況をリアルタイムに把握することができます。

一週間に一度、労働時間を集計して管理すれば、事前に時間外労働の上限を超えそうな場合に、注意喚起をすることができます。
その結果、労働時間が増加した理由が一時的なトラブル処理だった場合は他の店舗から人を手配する判断もできます。

また指紋認証機能を搭載している打刻機を選択すれば、従業員が他の従業員のタイムカードを打刻するという、不正対策もすることができます。

月額費用は1名300円前後です。

労働時間を把握して従業員の健康管理をしたい、タイムカードの集計時間を削減したい、残業時間をリアルタイムに管理したいとお思いの企業様、一度クラウド勤怠管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。