社会保険労務士の仕事は、安心して働ける環境を作るサポートをすることです。

一般的に会社は、人、物、金で成り立っています。どれかひとつでも欠けていれば会社は成り立たないのですが、時として人の環境整備は後回しになってしまいがちです。
その理由は、かつての「従業員は会社に献身するもの」という意識が根強かったり、法の改正などで保障されるべきはずの従業員の権利が守られていなかったりとさまざまです。

そこで経営者のサポートをするのが社会保険労務士です。

プロとして、給与、労働時間、休暇、福利厚生、退職金、社会保険、就業規則といった労働条件の整備、法改正(働き方改革)の対応をサポートしていきます。
国と会社と従業員の間に立って、バランスを踏まえ、経営者と従業員が安心して働ける環境を作るサポートをします。

社労士が行う業務

・社会保険、雇用保険、労災保険関係諸手続
・人事労務管理に関する助言、相談
・給与計算、明細一覧表、振込一覧表の作成
・就業規則、雇用契約書等の各種規程作成
・36協定等の各種協定書の作成
・労働基準監督署、年金事務所、その他の行政機関等の調査立会
・労働トラブル、労務リスク対策の相談
・社会保険における私傷病、出産、死亡等に関する申請や給付の手続き
・雇用保険における申請や給付等の手続き
・労働保険の年度更新に伴う諸手続き
・社会保険料の算定基礎届の作成
・賃金や退職金制度の構築
・メンタルヘルス対策
・社員研修、社員教育

社労士と顧問契約を結ぶメリット

(1)本業に集中できる

(2)事務手続きの正確性とスピード改善

(3)専任の人事担当者を雇用しなくてよい

(4)コストの削減

(5)従業員が働きやすい会社を作ることができる